美術・工芸『活動報告(8)~オンラインによる県内外生徒の事前学習交流会(2)~』

 県外からの参加予定生徒と滋賀の生徒や実行委員による「事前学習交流会」の2回目、建築家 藤森照信さんへの取材活動を9月4日に行いました。

 東京の江戸博物館のご協力でオンライン(Zoom)による藤森先生からのお話と、その後は参加生徒との質疑応答となりました。藤森さんの建築への考え方やこの道に進まれた動機、作品の名付け方や、なぜ高い場所に建物を作るのか、高校生の頃の思い出、時にユーモアを交えたお話やご返答もあり、参加した高校生には大変貴重で、楽しいひとときとなったようです。


11月の本番では、藤森先生が設計された「ラ コリーナ近江八幡」の見学を予定しています。

 

※司会進行は実行委員会の生徒達が行いました
※建築家藤森照信先生への取材会の様子(質疑応答Zoom画面映像)

美術・工芸『活動報告(7)~オンラインによる県内外生徒の事前学習交流会(1)~』

 県外からの参加予定生徒と滋賀の生徒や実行委員による「事前学習交流会」をオンライン(Zoom)で全2回のプログラムとして開催しました。


 1回目の活動は8月20日に実施しました。参加者どうしの自己紹介からはじまり、滋賀大会の説明をしました。第2回活動では、11月の本番にオンラインで講話して頂く建築家の藤森照信さんへ取材することから、藤森さんへ聞いてみたいことを数人の班になって話しあいました。

※司会は実行委員の生徒が行いました
※当日のオンライン交流会の運営の様子

美術・工芸『活動報告(6)~生徒実行委員会制作のプロモーション動画~』

 美術・工芸部門では近江八幡の街全体を会場とします。そのために生徒実行委員会のM班(広報メディア)では、参加者向けの広報動画を制作しています。

 その第一弾として、8月にオンラインで行った事前学習交流会に向けて、近江八幡の街と会場についての紹介動画を制作しました。

※紹介動画の画面映像

美術・工芸『活動報告(5)~生徒実行委員会「対話型鑑賞の講習会(1)」~』

 第9回活動(8月18日に栗東高校で実施)ではオンラインで「対話型鑑賞」についての講習を受けました。講師は京都芸術大学アート・プロデュース学科の伊達隆洋先生です。

 オンライン(Zoom)による実施でしたが、同じものを見ていても他者とは違って見えることや、自分だけでなく他者と共に見ることの意義など、体験を通して学びました。

 「アートとは作品と人の間に生まれるコミュニケーションのこと」というフレーズからも、滋賀大会で目指しているアートによる様々な交流や発見の場という方向を、生徒も教員も確かめることができました。この講習は今後も続く予定です。

※オンラインによる講習の様子