将棋部門 大会を終えて

 コロナ禍で不安の残る大会運営でしたが、多くの方々にサポートしていただき無事に終えることができました。当日は10府県から総勢135名の選手が滋賀に集結し、熱戦を展開しました。一局一局を大切に指している選手の姿や、女子選手の棋力向上が著しいことが、特に印象に残りました。
 また、大会期間中、公益社団法人日本将棋連盟の安用寺七段、石本女流二段にお越しいただき指導対局を行っていただきました。こちらも盛況で、参加者にとって良い思い出になったようです。

対局 風景
指導対局 風景
表彰式の様子