囲碁部門『近畿高等学校総合文化祭囲碁部門滋賀県予選開催』

 9月18日(土)、彦根東高校において、第41回近畿高等学校総合文化祭滋賀大会囲碁部門の県予選が開催されました。
 参加者は23名で、比叡山高校、彦根東高校の2校が出場しました。


 大会の結果は以下の通り

男子個人戦 優 勝 市岡蒼大(比叡山・1年)
      準優勝 木村燦徳(彦根東・2年)
      第3位 桑原結志(彦根東・2年)
女子個人戦 優 勝 藤原りこ(彦根東・2年)
      準優勝 荒川陽彩(彦根東・1年)
      第3位 中川実紅(彦根東・2年)


 この結果、近畿高文祭に上記6名に加えて鹿谷俊、西浦志瞳、武立陽平、豊原唯我、五味孝一朗(いずれも彦根東)の5名、計11名が出場します。滋賀県勢の近畿大会での活躍が期待されます。
 また、大会の講師として、関西棋院の岩田紗絵加初段をお迎えして、不戦勝の選手を対象とした指導碁を打っていただきました。

 日本の女流トップレベルの先生から直々に指導を受ける機会に恵まれ、生徒達もとても勉強になったようです。


 今後も「近畿総文」に向けて、さらなる実力アップを目指して練習に取り組んでいく予定です。