生徒企画委員による大会後のコメント

 総合開会行事を終えた、生徒企画委員の生徒からのコメントをご紹介します。

坂下 知聡(草津東高校)
 全く出会ったことのない人たちばかりだったけれど、短い時間であんなに一体感のあるすばらしいデモンストレーションにすることができ、一生忘れられない思い出になりました。
「大きなムカデのバケモンじゃった」は一生ものです。めっちゃ楽しかったです。 (さらに…)

小倉百人一首かるた部門 大会を終えて

 11月20日から21日に行われた小倉百人一首かるた部門大会では、各府県から集まった総勢77名の選手たちが、それぞれ自分の力を出し切って戦いました。通常「競技かるた」の団体戦で見られる「声掛け」も、今回は行うことができず、いつもと違った光景は一抹の寂しさを感じるものでありましたが、それを吹き飛ばすほどの熱戦が随所で繰り広げられる、すばらしい大会となりました。 
 コロナ禍の中であっても、開催に向けてご尽力くださった関係者のすべてに、心より感謝申し上げます。

競技1
競技2


交流会
表彰式

吹奏楽部門 大会を終えて

彦根東高等学校 2年 明石怜子
 今回はこの演奏会に参加させていただき、ありがとうございました。私たち彦根東高校は、長浜北高校、河瀬高校、彦根翔西館高校、そして八日市高校の5つの学校の合同バンドとして出場させていただきました。今までコロナ禍の影響により他校の演奏を聴く機会も交流する機会もほとんどありませんでした。しかし、この演奏会で、100人近くものメンバーで、迫力があり、かつ繊細な表現のある曲をつくりあげたり、また他校生の技術の高さに驚いたりと、普段とは違う新しい刺激をもらいました。このような機会をいただけて、貴重な体験ができました。

立命館守山高等学校 2年 山田千咲音
 指揮も場所も隣にいる人もいつもと違い、初めはとても不安でしたが、演奏していくうちにお互いの呼吸が合わさり、楽しく演奏することができたと思います。今まで、関わったことのない人と演奏したことで、いつもなら気がつかなかったことに気づくことができたり、新たな学びがあったりして有意義な時間にすることができました。初めて演奏する場所だったので、音の聞こえ方も違い非常に新鮮でした。合同演奏を通じて多くのことを得ることができ、いい経験ができてよかったです。

玉川高等学校 2年 谷口華奈子
 南部地区は6校合同で演奏しました。コンクールでは競い合う立場の高校と合同練習したことで、他校の優れた技術に刺激を受け、成長することができました。吹奏楽を通して学校の枠を超えた仲間に出会えたことや、コロナ禍の時世の中、練習の成果を他府県の人たちの前で披露できたことがとても感慨深いです!

膳所高等学校 2年 梶浦瑠奈
 コロナ禍でありながらも「近畿」という広い範囲から集まった多くの団体の演奏を聞くことができ、とても良い経験となりました。各府県の特色を組み込んだ派手なパフォーマンスなどもあり、見ていても非常に楽しかったです。また交流会のイントロクイズでは、短いフレーズを吹いただけでも客席から反応があるのを見て、他団体の皆さんと「吹奏楽部であること」の繋がりを感じました。そして何よりも、演奏を披露する機会がいただけること、聞いてくださる方がいることは幸せなことだと思いました。

滋賀県 北部地区合同バンド
滋賀県 中部地区合同バンド
滋賀県 南部地区合同バンド
1 2 3 4 28