総合開会行事が行われました!

11月14日(日)、びわ湖ホール大ホールにて、総合開会行事が開催されました。

式典の部では、100年以上の歴史をもつ「琵琶湖周航歌」を含め、びわ湖にまつわる日本音楽で華やかに開会しました。府県紹介では、テーマである「いと」を題材に、各地の個性豊かな発表が行われました。

デモンストレーションの部では、滋賀県にまつわる「大百足退治伝説」を題材とした舞台が展開されました。

各部門の発表が生徒企画委員による演技と組み合わさって進行し、観客からは感動の拍手が送られました。かるた部門、吹奏楽部と和太鼓のコラボ演奏、びわ湖ホールと他県の会場をつないでのリモートリアルタイム演奏など、初めての試みも披露され、各部門大会への道しるべとしてふさわしいデモンストレーションとなりました。

「湖國浮世絵八景」と題された今回の舞台。第八景となる各部門大会の成功を祈り、新しいびわ湖の歌、「びわ湖トワ」の合唱にて総合開会行事を締めくくりました。