生徒企画委員による大会後のコメント

 総合開会行事を終えた、生徒企画委員の生徒からのコメントをご紹介します。

坂下 知聡(草津東高校)
 全く出会ったことのない人たちばかりだったけれど、短い時間であんなに一体感のあるすばらしいデモンストレーションにすることができ、一生忘れられない思い出になりました。
「大きなムカデのバケモンじゃった」は一生ものです。めっちゃ楽しかったです。


金井 陽路(瀬田工業高校)
 今回が高校生活で最後の劇でこの役を機にまた色んなものを演じてみたいと思いました。
 びわ湖ホールという大きな舞台で演技が出来たことを光栄に思います。本当にありがとうございました。


堀居 愛友香(米原高校)
 この生徒企画委員会に参加できたことが一生に一度の最高の思い出になりました。新型コロナウイルスで生徒企画委員会のメンバーと集まって練習したりする日が遅れてしまうハプニングがあったにも関わらず、最高のデモンストレーションができたと思います。司会、民衆、高校生など複数の役をしたので緊張しましたが、無事に終わることができてよかったです。デモンストレーションの指導をしてくださった先生方、裏で支えてくださった他の生徒企画委員の方々、本当にありがとうございました。

宮嶋 ひなの(膳所高校)
 貴重な体験をありがとうございました。
 私は、みんなと創り上げていく感覚が結構好きでした。そこに仲間がいるからこそ、広いホールにおじけづかなかったり、張り詰めた空気の中でも全力を出すことができたのだと思います。そして、創り上げてきた作品が一番映える衣装や舞台、またご指導には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

藤田 紗弥子(膳所高校)
 高校に入学してから他校の人たちと交流する機会がなかったので、他校の人たちと話せて、とても楽しかったです。今まで司会を務めたことは何回かありましたが、舞台の上で劇をするのも、踊るのも、今回が初めてだったので緊張しましたが、本番では緊張もほぐれ、のびのびと演技をすることができました。楽しかったです!!!

山田 菜月(近江兄弟社高校)
 私は現在高校一年生で、コロナ禍だったので高校に入学してから大きなイベントはすべて中止か規模縮小で悔しい思いをしていました。
 その時、生徒企画委員会の募集を見つけて迷わず応募しました。今回、ステージに立たせていただき、大蛇の化身という役もさせていただき、本当に光栄でした。本番はすごく緊張しましたが、びわ湖ホールという大きなステージと他校の皆さんの迫力のある発表を見て、ワクワクが上回りました!演技の指導をしてくださった先生、舞台裏で活躍してくださった他の生徒企画委員の方々、見にきてくださった方々、この文化祭に関わった全ての人に感謝しかありません。ありがとうございました!!

黒木 陽月(草津東高校)
 最初は不安も多かったデモンストレーションでしたが、無事成功を収める事ができました。びわ湖ホールという大きな舞台で大蛇の化身としてお芝居ができた事、素敵な仲間と巡り会えた事、どちらもかけがえのない宝物となりました。このような貴重な経験をさせていただいた事、本当に有難く思います。
 近畿高等学校総合文化祭を企画してくださった方々、お芝居の指導をしてくださった先生方、本当にありがとうございました。この経験を将来の夢に活かしていきたいです。

森田 真菜(大津商業高校)
 俳優班の一員としてこの近畿高等学校総合文化祭に参加することができ、本当に光栄でした。限られた時間の中で、メンバーの皆さんと共に工夫し合い作り上げられたこの舞台が、私にとって一生の宝物です。また、素晴らしい仲間たちに出会え、本番だけでなく、それまでの練習時間でさえもすごく楽しく幸せな空間に感じました。
 たくさんの人によって支えられたステージの上で、”侍”としてお芝居をすることができたことが本当に楽しく、また、とても貴重な経験となりました。メンバーの皆さんはもちろん、この舞台制作に携わった方々や舞台を見に来て下さったお客様には、感謝してもしきれないほどです。本当にありがとうございました。

びわ湖ホール外観
全員合唱
俳優班
俳優班