滋賀の観光紹介⑧竹生島

 竹生島(ちくぶしま)は、琵琶湖に浮かぶ聖地、神様の棲む島などと言われ、パワースポットとして有名です。

 場所は、滋賀県長浜市の湖岸から6kmで、周囲2kmあまりの小島です。

 竹生島宝厳寺(ちくぶじまほうごんじ)というお寺と都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)という神社が一緒に鎮座しています。

 

竹生島宝厳寺(ちくぶじまほうごんじ)

 宝厳寺には本堂に大弁才天と観音堂に千手千眼観世音菩薩像が安置されています。この観音堂は、西国三十三所観音霊場の三十番札所として重要文化財に指定されています。本尊の弁才天は、江ノ島・宮島と並ぶ「日本三弁才天」の一つで、その中で最も古くに建立された弁財天のため「大」の字をつけ、大弁才天と呼ばれています。

 

都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)

 都久夫須麻(つくぶすま)神社(竹生島神社)の祭神は、市杵島比売命(いちきしまひめのみこと=弁財天)、宇賀福神、竹生島龍神、浅井比売命(あざいひめのみこと)の4柱の神様を祀っています。浅井比売命は、浅井氏の氏神ともいわれ、琵琶湖の湖水を支配する神様です。

市杵島比売命は、交通安全・開運厄除の神様
宇賀福神 は、五穀豊穣・商売繫盛の神様とし信仰を集めています。

 

 

竜神拝所のかわらけなげ 

 拝殿にはびわ湖に面し、突き出した所に竜神拝所があります。琵琶湖に面した場所のため、そこからの景色はまさに絶景です。ここで土器(かわらけ)に願い事を書き、かわらけが鳥居の間を通過すると願いが叶うといわれています。

 
 写真:(公社)びわこビジターズビューロー